スイッチの修理は業者に相談だ|改善工事で暮らしを改善

住宅

業者に依頼をする

住宅

コンセントは設置から10年以上経過すると、ひび割れてぐらついたり、焦げたにおいがすることがあります。そうなると非常に危険なので、コンセントを交換する必要があります。一般的なコンセントの種類は、一般家電製品に使用する普通のものと、エアコン・洗濯機・水回りで使用するので漏電を防ぐためにアースが付いたものの2種類があります。
交換を業者に頼むと、交換費用は3500円以上になるのが一般的です。しかし、交換はそんなに難しい作業ではないので自分で行うこともできます。交換費用を節約したいときは、自分で行うと部品代だけで済むので交換費用は500円くらいで済みます。ただし、安全には十分気を配りましょう。

コンセントの数が足りないと、たこ足配線になってしまいがちです。たこ足配線はコンセントやテーブルタップが過熱し、発火の原因になることがあり非常に危険です。これを防ぐためには、コンセントの増設が有効です。
たこ足配線解消以外にも、エアコンを設置するための電源の増設、パソコンをインターネットに接続するための電源とLAN差し込み口のための増設、テレビを設置するための電源とアンテナ端子のための増設、など様々な理由の増設があります。

コンセントの増設を業者に依頼すると、差し込み口を1~3個のものを2連で6個に交換する拡張工事は12000円以上、コンセントの増設工事は一か所当たり9000円以上の費用がかかります。
コンセントの増設工事は自分でするのは大変なので、業者に依頼するのが無難です。